FAQよくあるご質問

どんな人でもレッスンできますか?

はい。ヨガは初めての方、体が硬い方、目的はそれぞれ違ってもヨガを習いたいとういう気持ちがあればいつでも始められます。

自分は体がとても硬いのですがヨガで体が柔軟になれますか?

長年続いた悪い生活習慣や運動不足によって私達の体は硬くなりがちですが、自分の体が硬いと思う方でもヨガを真剣に長く続けていく事で十分柔軟になることは可能です。
特にヨガは身体の全ての筋肉+普段使わない筋肉(一緒に使う事のない筋肉まで)までも鍛える事が出来るのでヨガを続けていくうちに体の動きの範囲が広がるのはもちろん、それによって活気と自信を持つ事にもつながります。

ヨガは必ず空腹時にしなければなりませんか?

食事直後にヨガをすると集中力も落ちて体の動きや呼吸の邪魔になってしまい、逆にストレスになる事になるので、ヨガの効果も得られません。
食事のタイミングはできればヨガの2時間前には済ましておく事が望ましいのですが、忙しい中時間調節が難しい場合には、胃に負担のかからない簡単なジュースなどを飲むと良いでしょう。

ヨガは宗教と関係がありますか?

現代ヨガは身体的、精神的な健康と共に内的、外的な美しさを追求する事に焦点を置いております。現代ハタヨガは世界中の現代人に必要なヨガと広まっているので宗教と関係は無いと考えても良いでしょう。

初めてレッスンを受けるにはまずどうすればいいですか?

電話で予約をしてください。初日はレッスン開始20分前にはスタジオに到着できるようにお願いいたします。都合上キャンセルの場合は前日までお願いいたします。

レッスンに来る前に準備するものなどはありますか?

①ヨガマット(レンタルもございます。体験の方には無料でレンタルいたします。)
②動きやすい服装(体を締め付けないもので汗を良く吸収し通気性が良いもの)
③ミネラルウォーター(健康の為にも室温の水を飲む事をお勧めします。冷たい水を飲む事でせっかくヨガで温まったからだが冷えてしまいますので特に冷え性がひどい方には日常でも室温の水の飲用をお勧めします。※各スタジオで販売もしています。 )
④着替え汗拭き用のタオル1枚をご準備下さいませ。(シャワーを使う予定の場合はバスタオルなどをお持ちくださいませ。※マットに敷用で1枚お渡しするバスタオルをレッスン後シャワ-にてご利用されても結構です。)

ヨガレッスンのマナーとレッスン中に注意することは?

時間に余裕を持ってスタジオに入室しヨガマットを敷いて下さい。レッスンがまってからの入退室は出来ません。
(但し、ヨガをすることによりお手洗いに行きたくなる場合もございますので、そのときは静かに行ってください。)レッスン中の私語はご遠慮ください。

生理中にヨガをしても大丈夫ですか?

生理中に心身のコンディションがあまり良くなかったり、腹部と腰の痛みがひどい方はお休みになられた方が良いです。
しかし、コンディションが良い方は肩立ちなどの体を逆転するポーズなどを避けて無理のない範囲でされると、生理期間をもっと快適に過ごせるでしょう。

ヨガって一人でヨガの本やDVDを見ながらしても良いですか?

ヨガの本やDVDの内容だけで、初心者が専門家の指導無しに一人でヨガを行い理解するには、無理がある場合が多いようです。
下手すると怪我の原因にもなりかねますので、自分の心身を理解するようになって自分ひとりで行っても同じ効果を期待できるまでは、ヨガ専門スタジオなどで専門家のアドバイスを受けながら習うのが望ましいですね。
ヨガの効果を最大限引き出すためには快適で落ち着く空間、正しいヨガの順番と時間割、繊細な教え方、ヨガを受ける方の心得など全ての要素が必要となります。
本やDVDはヨガを続けるにあたり自分にとって足りない部分や興味のある部分を満たすために活用されるといいと思います。

ヨガをしても有酸素運動を別にした方が良いですか?

ヨガは運動ではございませんが、呼吸法と静的なポーズの動きでも有酸素運動の効果はありますが、ヨガだけでは足りないと思う方や、体力があり時間的な余裕のある方、普段他の運動も楽しんでいる方はヨガをすると同時に行っても良いでしょう。
ヨガは静的な心身の修行ですので、その相対的な部分を満たす運動を一緒に行うことも良いでしょう。

ヨガはどのぐらいのペースで続けると良いですか?

人それぞれ違います。
普段ぜんぜん運動もしない方、ヨガはまったくはじめての方は週に2~3回程度から初めた方が良いでしょう。
様子を見ながら回数を増やしていくのも良いです。
普段ヨガや運動を続けている方は毎日するのが良いです。
ヨガが日常生活の一部に溶け込むという事は常に心身の健康を維持しながら暮らしているという事にもなります。